動脈硬化

動脈硬化は、全身の動脈の内壁が高血圧や加齢などにより、動脈壁の一部が厚くなって、内腔が狭くなったりして弾力を失ったりして硬くなったり厚くなる病気です。
動脈硬化は、高血圧が長期間続いて圧力がかかったままの動脈は動脈硬化になりやすく、また動脈硬化になると高血圧になります。
高血圧は抹消血管の細い血管に症状が出ますが、動脈硬化は大動脈や大動脈から枝分かれした動脈など、太さもある動脈に症状が起こりやすくなります。
動脈硬化の症状が起こりやすいのは、心臓の筋肉に分布している冠動脈、脳動脈で、次いで大動脈、脾動脈、腎動脈の順に起こりやすいといわれています。
動脈硬化の予防には、メタボリックシンドロームの危険因子をなくすための、高血圧高脂血症の予防や治療と、食事や運動で肥満や糖尿病の予防、禁煙、ストレスの解消など生活習慣の見直しが重要です。