糖尿病

糖尿病膵臓から分泌されるインスリンの量が不足すると発症します。
インスリンの分泌量が多くても、肥満で脂肪が付きすぎていたりすると、筋肉や肝臓などの脂肪以外の細胞や臓器にインスリンが不足してしまいます。
また、甘いものや炭水化物のとりすぎでもインスリンの分泌量が間に合わず糖尿病の原因になります。
アルコールの飲みすぎは膵臓に大きな負担をかけるので、膵臓の働きが悪くなりインスリンの分泌が悪くなり糖尿病の原因になります。
糖尿病になると、初期は症状がありません。少し進むと喉の渇きやだるさ、眠気、体重の減少、目のかすみ、視力の低下、全身のかゆみ、手足のしびれ等の症状が現れてきます。
糖尿病は自覚症状がないので知らないうちに進行して、眼底障害、腎臓障害、神経障害などの合併症を引き起こすことが多くあります。
糖尿病の治療はメタボリックシンドロームの予防の基本です。食事や運動によって体重を調整して、血圧を正常に保ち、血中のコレステロールや中性脂肪の量が多くなり過ぎないようにします。