胃がん

胃がんは、がんの中で発症率が最も多く発生しています。
胃の粘膜が傷ついたり、胃の粘膜の細胞が何らかの刺激によって、破壊と修復を繰り返す状態が続くと、正常な細胞組織が変性し、がん細胞が発生し胃がんになることが多いようです。
胃がんの原因は、まだはっきりとわかっていませんが、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ菌)の感染により、ピロリ菌が胃の粘膜を障害することや、塩分の過剰摂取により、胃の粘膜の水分がなくなり、細胞が死んでしまったような状態になること、魚の干物などの焼け焦げや黴などを頻繁に摂取すること、胃の中の発がん性物質の働きを抑える力のあるビタミンCの不足などがあります。
胃がんの症状は、初期の頃はありません。少し進行してくると、胃潰瘍と似た症状で、胸焼け、げっぷ、胃の圧迫感、胃のもたれや不快感、食欲不振などが現れます。胃潰瘍胃がんの症状の大きな違いは、胃潰瘍の場合は空腹時に症状が現れることです。
胃がんが進行すると、吐き気、濃い茶色っぽい吐血、黒いタール状の便(下血)が出ることが多くあります。
胃がんを予防するには、三食きちんと食べ栄養素をまんべんなく摂取するなど食生活や、禁煙するなど生活習慣を見直すことが大切です。