がん(癌)

がん(癌)とは、何らかの原因により正常な細胞が変性してがん細胞に変わり、そのがん細胞が身体の中でどんどん増えていく病気です。がん細胞は、他の正常な細胞や、身体全体のバランスとは無関係にどんどん増殖していきます。
がん(癌)になると、がん細胞は分裂を続け大きくなり、正常な細胞を破壊し、さらに血管やリンパ管を通じて身体の別な臓器や組織に転移し、またそこで増殖を続けます。
がん(癌)の原因は、慢性の胃炎や肝炎など繰り返される炎症や、喫煙、ウィルス、発がん性物質、遺伝など様々なものがあります。
がん(癌)は本来自分の身体の細胞なので、外部から侵入してきた細菌などとは違って、最初は症状が何もありません。
がん(癌)の治療や予防には、がんをを早期に発見する事が第一なので、年に1回の定期健康診断を受けることが必要です。