脳卒中

脳卒中は、高血圧動脈硬化糖尿病などのメタボリックシンドロームと深い関わりのある病気です。
脳卒中は突然その症状が現れると思われていますが、倒れてしまう前ぶれとして日常生活の中で見過ごしがちな症状がいくつかあります。
   ☆頭が重い、頭が痛い。
   ☆手足がしびれる。
   ☆めまいや立ちくらみをする。
   ☆歩くとふらついてしまう。
   ☆舌がもつれる。
   ☆肩こりがひどい。
   ☆目がかすむ。
   ☆よく眠れない。
   ☆のぼせる。不快感がある。
   ☆誰かと話をしているとき、ぼんやりと意識が遠くなることがある。
   ☆物忘れがひどくなった。
   ☆急に怒りっぽく、短気になった。
   ☆食事中、お箸などを落としても気づかない。
これらの症状が現れた場合、病院で早めに検査を受けることで、脳卒中を早期に発見し予防する効果が大きくなります。
メタボリックシンドロームを予防するライフスタイルを心がけることは、脳卒中にならないために重要です。