特定保健用食品とは

特定保健用食品とは、厚生労働省によって保健の効果が認められた食品のことで、通称トクホと呼ばれるものです。
厚生労働省が特定保健用食品トクホ)を認定するには、有効成分などを厳しくチェックし、科学的にも信頼ができるという保証ができる食品に限られます。
特定保健用食品は病気の治療が目的の薬とは違うので、数や量、摂取するタイミングなどを気にせず、日常的に普段の食生活の中にとり入れることができます。
パッケージやラベルなどに厚生労働省から認可されたマークが付いています。例えば「コレステロールが高めの方へ・・・」とか、「お腹の調子を整える・・・」等の表示がされているので、高血圧や高血糖、高脂血症など個人に合わせた食品を選択することができます。
特定保健用食品は健康状態の維持や、身体を健康で正常に近い状態に戻すことを目的にしていますが、薬ではないので効果が顕著に出るものではありません。自分の身体の状態を見ながら、食生活の中に自分に合った特定保健用食品を上手にとり入れて、メタボリックシンドロームを予防しましょう。