高脂血症とは

高脂血症とは、血液中の中性脂肪の数値が高いことです。中性脂肪(TG=トリグリセライド値)が150mg/dl以上か、または、善玉コレステロール(低HDL値)が40mg/dl以下の場合、高脂血症あるいは高リポ蛋白血症と呼ばれます。

血液中にある中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸はどれも身体にとって必要な脂質です。

しかし、血液中の中性脂肪が増えるということは、内臓脂肪が多くなっていることを示しています。

内臓脂肪が多くなると、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールだけが過剰になってしまいます。

悪玉コレステロールが増えると、それがやがて動脈硬化、心筋梗塞などの恐い病気の引き金になってしまいます。