高脂血症を予防する食事

高脂血症はお肉や脂身、ラード、バターなどの動物性脂肪のとり過ぎや、お菓子やケーキなどの甘いもの、アルコールの飲みすぎなど、カロリー過多を消費しきれない運動不足、喫煙やストレスなど、多くが生活習慣に深く関わっています。
高脂血症を予防する食事で気を付けたいのは、脂身の多い肉などの脂質や砂糖や果物などの糖質をとり過ぎないように注意することです。
脂肪酸にはコレステロールを分解する力があるので、脂肪酸を多く含むサンマやイワシをとるようにしましょう。マグロやお肉なら脂身の少ないササミなどの鶏肉、豚肉や牛肉はヒレの部分にして、いずれにしてもカロリーをとり過ぎない量にしましょう。
また、コレステロールを減らす働きのあるひじきや寒天などの海藻類や、食物繊維の多い切干大根、野菜、根菜、キノコ類は率先して摂取するようにしましょう。