高血圧の予防と治し方

高血圧の予防と治し方では生活習慣の見直しが重要になります。

食生活では塩分のとり過ぎに注意しましょう。外食やお弁当など味の濃い食事では、知らないうちにたくさんの塩分を摂取しています。

1日の塩分の量としては普通の人で目標が10gですが、高血圧の場合には6〜8gにしましょう。塩分を控えても量をたくさん食べ過ぎると、結果的には塩分のとり過ぎになりますので注意が必要です。

身体が肥満になると、血管が収縮して血流が悪くなり血圧が高くなります。血行をよくするために、肥満の解消や運動不足にならないように心がけましょう。

また、ストレスや喫煙も血圧を上昇させます。特に生真面目な人や完璧主義の人はストレスを溜め込みやすいので、スポーツや旅行、趣味などリラクゼーションをとりいれて、上手にストレスを発散することが大切です。

イライラしたり、強いストレスを感じるときは交感神経が高ぶって血圧が高くなります。そんなときは鏡に向かって笑顔をつくる練習をしてみましょう。

口角を上げてニッコリすると自然に緊張が和らぎます。