内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満

肥満にはメタボリックシンドロームの危険要因となる、内臓の周りに脂肪が蓄積するタイプの内臓脂肪型肥満と、下腹部、腰周り、お尻周りを中心に皮膚の下の組織に脂肪が蓄積するタイプの皮下脂肪型肥満があります。

内臓脂肪型肥満の特徴は、リンゴ型肥満とも呼ばれるようにお腹周りを中心に上半身に脂肪が付き、男性や閉経後の女性に多く見られます。

皮下脂肪型肥満の特徴は、洋ナシ型肥満と呼ばれ、下半身に多く脂肪が付き、女性に多く見られます。

また、皮下脂肪は外見からすぐにわかりますが、内臓脂肪は外見からはわからないこともあり、痩せている人でも油断できません。

内臓脂肪は運動や食生活を改善することで比較的早く減らすことができますが、皮下脂肪はなかなか減らすことができません。