ウェスト周り男性85cm女性90cm以上は要注意


メタボリクシンドロームの診断基準にはウェスト周りのサイズが重要になります。
軽く息を吐いた状態でまっすぐに立って、おへその高さの腹回りを測ります。ウェストといっても女性の場合、一番窪んでいるところではありません。肋骨の下側と骨盤の真ん中あたりが目安になります。
このウェスト周りのサイズが、男性85センチ以上、女性90センチ以上の場合は要注意です。すでに内臓脂肪がたまりやすい状態、あるいは付着している状態です。
メタボリックシンドロームの診断基準には、ウェスト周り男性85cm女性90cm以上のサイズがポイントになります。